アニュanuクレンジング 効果

エイジングケアのコツを教えます!

アニュクレンジング
40代にさしかかると、それまで気にならなかったさまざまなエイジングサインがあらわれます。

 

紫外線によるシミや肌のくすみ感、乾燥による小ジワなど、悩みもどんどん複雑に。これらの複合的な肌悩みにはそれぞれに応じた対策が必要。無理なく続けられるエイジングケアのコツをご紹介しましょう。

 

くすみ感とは、古い角質や水分不足による肌の透明感の低下をいいます。
年齢に応じたお手入れ

 

ポイントは保湿とUV対策 「乾燥」

冬はもちろん、夏も冷房の風や強い陽射しによって肌は乾燥しています。また、年齢を重ねるごとに肌本来が持つ保湿効果が徐々に低下し、紫外線のダメージも受けやすくなってしまいます。シワやほうれい線の原因につながる乾燥を防ぐために日々のケアが大切です。

 

日中の紫外線対策はしっかりとしなくてはいけません。

 

肌は加齢によって抵抗力が低下し、紫外線などの外部ダメージを受けやすくなります。朝の保湿、日中のUV対策も抜かりなく。

 

コットンパックで+αのデイリーケア

夜はしっかりとメイクを落として、化粧水&乳液で皮膚にうるおいを。また、普段使いの化粧水を使ったコットンパックもおすすめです。特に乾燥が気になる目もとや口もとを重点的に。

 

毎日のうるおいケアで差が出る「ハリのなさ」

 

肌弾力の低下や紫外線によるダメージ、乾燥、姿勢の悪さなどが原因で起こる顔のたるみ。顔のたるみによって実年齢よりも老けて見られることも。こまめな保湿と弾力ケアで美しいフェイスラインをキープし、いつまでも若々しい印象を保ちましょう。
弾力とは、うるおいによるハリのことです。
朝晩の保湿はしっかり丁寧に 

 

たるみの原因のひとつとして挙げられるのが「乾燥」。また、年齢を増すごとにコラーゲンやヒアルロン酸などの生成量が減り、肌のうるおいも減少傾向に。エイジングスピードを加速させないためにも毎日の保湿ケアが肝心です。

 

 

溜まったよごれ・メラニンの蓄積

「透明感のなさ」
原因は、古い角質やメラニンの蓄積によるくすみなど。肌の透明感は、印象年齢を大きく左右するポイントです。美白※4ケアアイテムを上手に活用しましょう。
美白:メラニンの生成をおさえ、シミ・ソバカスを防ぎます。
古い角質をしっかりオフ  

アニュクレンジング

 

 

 

 

くすみの原因となる古い角質をしっかり洗い流し、肌を清潔に保ちましょう。よごれを落としたあとは化粧水で肌をひきしめ、保湿を。
エイジングケア+美白ケアでアプローチ

 

年齢を重ねるほどに加速していく乾燥小ジワやハリ・透明感のなさには、エイジングケアと美白ケアで同時にアプローチ。メラニンの生成・蓄積を抑え、透き通るような肌へ。

 

エイジングケアもクレンジングも両方大丈夫です。

 

アニュanuクレンジングの詳細はこちら
↓       ↓       ↓
デュオザ薬用ホワイトレスキュー